観光地の通信手段とは

観光地にはWi-Fiが必要

Wi-Fiがある観光地が増える

観光中に突然、行き先までの道のりをチェックするために地図を見たり、施設情報や周辺のグルメ情報などを収集したりする必要が出てくることがあります。そんな時にWi-Fiが整備されていれば、モバイル機器を使って簡単に欲しい情報にアクセスすることができます。うれしいことに最近では、観光協会や自治体などが主体となって、訪問客が一定時間無料でWi-Fiを使えるよう整備を行っているエリアが、全国的に増えています。初回は登録などが必要なので若干手間はかかりますが、上手に活用して旅先での情報収集をぬかりなく行いたいものです。

観光地はWi-Fiの整備を急ぐ

整備する要素が膨大で絞れない観光地は、滞在者がWi-Fiを利用できるように本腰を入れると良いです。周辺道路の道幅を拡張するなど物理的な取り組みも大切ですが、現代の客寄せには通信網の構築も肝要です。山間部で電波の入り具合が良くない場所なら、とりわけ急ぐに越したことはありません。周辺の建物を見物する一方で、外部と通信したがる滞在者は少なくないからです。観光資源はそのままに、Wi-Fiを整備した結果として個人用の端末を扱いながら散策する予定の人を呼び込めます。利用設定の画面で近隣店舗の案内も行えるので、相乗効果があります。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 観光地にはWi-Fiが必要. All rights reserved.